上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
那覇一日目の夜。訪れたのは沖縄県立美術館。
これはその敷地内に立てられた、沖縄の民家の復元。(博物館も併設なのです)
_DSC4578-2.jpg
なぜ、ここに来たのかといいますと、ここには「東松照明」(とうまつしょうめい、と読むのですよ)という写真家の作品を収蔵しているのです。つまはまったく知らなかったのですが、写真史に残るようなカメラマンで、沖縄でも島の写真などを撮っている方なのです。今略歴を調べたら、紫綬褒章も受章してたり。この方の写真が好き、というmukuのために来たのですが・・・
_DSC4627.jpg
なんと、展示されていませんでした!収蔵はされてるけれど、常設ではないのだそうです。ちなみに先月(8月)まで企画展でやってたのだとか。惜しい!あ、この写真は美術館の外壁です。

悔しいので、帰ってからこれ買いました。

東松照明さんの写真集。この表紙になっているのは40年近く前に撮られた写真ですが、まったく古さを感じさせません。
しかし、真骨頂は、ポートレイトだと思うのです。お見せできず残念ですが、町の人たちの表情がとっても良いのです。あと、動物写真もユーモアがあふれてます。
大阪で、写真展してもらえないかなあ・・・

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。↓のクリスタ写真展、まだやってます!
スポンサーサイト

Comment


こんばんは。
美術館の壁、素敵ですね~!
私も撮ってみたいです。
今度沖縄に行ったらこの美術館是非行ってみたいです。

tokoさま
 ありがとうございます!光が綺麗な壁でしたよー。この壁の横の公園で、丁度エイサーをやってたりして、とても楽しいところでした。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。