上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊勢から車で20分。なんともカメラ栄えのする神社があります。
二見興玉神社。というよりも、この夫婦岩が有名。夏至の時期に見ることができる、この岩の間に昇る朝日の光景は一度は目にしたことがあるのでは。
_DSC8967.jpg
もっと沖にある大きな岩だと思っていましたが、意外と近くて望遠レンズなしでもしっかり撮れます。
岩の間に注連縄を張ったこれは、鳥居代わりなんだそう。

近くに、皇族が伊勢神宮を参拝するときに宿としていた迎日館があります。300円ですが、入る価値はあります。レトロな和洋折衷で、シャンデリアがいくつも下がった何十畳もある折上格子天井(寺などで一番格式高い部屋に使われてる天井)の広間があったりします。海を見渡せる皇族用の部屋には御簾があったり豪華な洋風の椅子があったり、写真を撮るにはもってこい。
_DSC9017.jpg
これは一階の階段手すりにいた蛙。一本の木から、柱も蛙も彫りだされています。
二見興玉神社のご祭神・猿田彦命の使い神が蛙なんだそうで。二見にはいたるところに蛙がいるのでした。

今日も見にきたよの印に、こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。冬至の時期には太陽の代わりに月が昇るそう。これまた、綺麗でしょうね、寒いけど。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。