上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高桐院の中での一枚。
_DSC3936.jpg
この縁側?に座ると、風が竹林を渡るさわさわという音だけしか聞こえず、竹の間から差し込む木漏れ日がちらちらと。これが大変気持ちいい。時が止まりますよ、ここは。
 次は和服で座ってみたいですねえ。

今日も見に来たよの印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリック頂きますとmukuとつまが大喜びいたします。次回は、京都の美味しいもの!
スポンサーサイト

Comment


竹のさらさらした音が聞こえてきそうな一枚ですね。

こういうところに行くと、和装が正装のような気がしてしまいます。
洋服で行くと場違い感がものすごくして、なんだか申し訳なくなってしまいます。
と言っても和装できないので洋装ですが^^;

室内の黒と屋外の明るさの比較が素敵!
私には風の音と鳥の声が聞こえます

一連のお写真・・・
しぶーーーーー(@3@)

chant0m0さま
 そうなんです、ダウンコートですみませんって感じでした(笑)。和装で京都を巡れたら最高ですね。しかし、着物着て半日持ったためしがないんですよね~

ぴえろさま
 そうそう、時々鳥の声がしてました!さすが。
 この庭は目だけでなく耳でも楽しむ庭なんでしょうねー。

Re+αさま
 いやいやそちらの室生寺のシブさには負けてるかも。やはり和の寺はシブく撮らなきゃですね!

凛としていい写真ですね。
畳に座るとなぜか、
気持ちが引き締まり背筋がぴんっと
しますよね。

洋より和が好きな私にとって
たまらない一枚です。

そして↑のお餅食べたくてたまらない...

mocoさま
 ありがとうございます。
 こういうところだと普段しない正座で座っちゃいます。日本人のDNA?背筋伸ばさなきゃって思うんですよねー。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。