上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竿になり、鍵になり、湖を渡る鳥。
先頭の一羽に、行儀よく並んでいました。
渡り
竹生島も見納め。弁財天様、またいつか。
船上から

今日も見に来たよ!の印に
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へを押して頂けると嬉しいのです。mukuとつまの励みになります。
スポンサーサイト

Comment

琵琶湖の中に
島があるなんて、知りませんでした。
それだけ大きな湖だということですね。
何の鳥でしょうか。
見事ですね。

xiaoさま
 結構大きい島があってびっくりですよ、それも一つじゃないみたいです。
 この鳥はおそらく水面で休んでたのですが、船に驚いて飛び立っていきました。しかもこの何倍もの数で!一時に三本くらいの鳥の線が空に模様を描いたりしていましたよー。

琵琶湖に竹生島、懐かしいです~。
若い頃、よく出かけました。
竹生島、渡った事はないんですが・・・

その頃、カメラに全く興味がなかったので
今、行く事があれば、いっぱい写すんだけどな。

青い空・青い湖、遠い記憶が蘇えりました!!

chiseさま
 琵琶湖をわたる船上は、私たち以外はやや年齢が高かったり親子連れが多かったです。カメラがなかったら、確かに「西国札所巡り」くらいしかする事ないですもんね。でもカメラが好きならそこそこ楽しめる事請け合いです♪

一列になって飛ぶ鳥たち、素敵です。
やっぱ、そうなってしまう習性なんだよね?
どんなこと思いながら飛んでるんだろうなあ、なんて思ってしまいます。

地元の駅前のお堀では、
アヒルたち5羽くらいがいつも縦一列になって水中を移動してました。
なんか笑える姿なんだよね。

アヒルが一列…写真撮りたい!
しかしなんで一列なんだろうねー。風や水の抵抗が少ない?迷子にならない?
迷子の方が可愛くて理由としてはいいなあ。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。