上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちわびていた春が来て、そりゃもうものすごく嬉しいけれど
名残惜しいものもあり。
焼きいも

mukuの家の近くには、冬の間露天の焼き芋屋さんが来ます。
驚きの一本100円!
なんでそんなに安いのか。おじさんの家はサツマイモ農家なのか。「2本ちょうだい」と言ったら1本おまけしてくれたけど、1本70円以下でちゃんともうけは出てるのか。袋代にもならないんじゃないだろうか、いや余計なお世話だろうけど。
ちなみに、味も焼き具合も申し分ない石焼き芋です。ここのを食べると世間の石焼き芋屋がぼったくりに見えてくる。
今日もおじさんを見かけましたが、焼き芋の看板を外して苺屋さんになっていました。春だなあ。
スポンサーサイト

Comment


その焼いも屋さん、
彼と一緒にあなたの家に行ったときの帰り、
匂いと値段に負けて買ったことあるわ。
おいしいよねえ。
でも、長いこと焼いも食べてない。
近くに居てくれるっていいよなあ。
うらやましいっす。
いいなぁ~!!
焼き芋とか女性陣はとにかく好きだよね♪
しかも、値段が、安すぎる~!!

値段の面でも他の石焼き芋屋さんが、どんだけぼったくってんだろう~??って思っちゃうね(^_^;)
でも焼き芋屋さんが、苺屋さんになるつて・・・
かなりおもしろい!!

ぴえろさま
 そうなの、いいにおいがするのよー。寒くて腹ぺこな帰り道に大変強力なの。つい買いすぎるんだけど、試しに残りをオーブンで干し芋にしたらこれも美味しかった。スイートポテトなんかを作る時にもここの芋は重宝です。買って蒸かす手間がいらないと芋菓子は楽よー。

きのこさま
 通り過ぎてから引き返して買う女性客を良く見かけます。においと値段の誘惑に負けた・・・って感じ(笑)。
 ちなみにおじさんは夏はスイカ屋に変身します。季節感あふれるご商売。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。