上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪から姫路に行った時、チケットが途中下車可能だったので舞子で降りてみました。
丁度夕暮れで明石大橋が輝いていました。
明石大橋

日帰りであろうとも、帰りにこういう締めの風景を見ると「遊び倒したぞー」という気分になってなかなか良い。
ついでにもう一つ旅の締めに欠かせないのがこれ。
鶏卵饅頭

旅先のお菓子屋で買う自分たちへのおみやげ。
これは山陽百貨店の地下で買った鶏卵まんじゅう。まるくてころころしていて何ともかわいらしい。中身は白あんで、買ったときは焼きたてでした。熱い白あんというものを初めて食べた。
三左衛門

こちらは姫路市内で買ったこれまた白あんのおまんじゅう。三左衛門というらしい。
「これが名物なんですか?」とお店の方に尋ねたところ、「いえ。こちらの大きい三左衛門の方が名物です。」と言われ、見てみれば同じ形だけれど直径20cmくらいのまんじゅうが。あまりの巨大さに思わず笑いましたが、もともと姫路城の瓦の実物大饅頭というのが売りだった様子。ホールケーキ並みの饅頭に思いを馳せつつ、ミニサイズで十分楽しめたのでした。
スポンサーサイト

Comment

さうがぅ!!
muku夫婦は本当、旅上手だね☆
いつも感心させられるよぉ~!!私たち夫婦は旅に慣れてないせいか、いつも後で思い残すことがあるよぉ~(^^;)
明石大橋も、何ともいえんね(*^_^*)

しかし姫路は、白あんが主流なの??
私的には、白あんも大好きなので、かなり
食べたくなったよ~♪
直径20センチのおまんじゅうも、いつか見てみたいよぉ~(^^)/
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

きのこさま
 お菓子はツマがいる限り必ず買うのです。行く前からガイドブックで和菓子屋のチェックをしたりします(笑)。
 しかし白あんばかりとは珍しかった。なんだか久々に食べるとなめらかでクリームみたいでした。20cm、買えばよかったかな(笑)

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。