上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頂き物の伊予柑。
ころころしていてなかなかかわいい。
伊予柑

こういう皮の厚い柑橘類を実家は好んで食べていて、
一晩で3個くらいの皮が転がっているのが常でした。
で、その皮をたまにママレードにしてもらってパンに塗っていました。
最近何かで読んだのだけど(新聞だったか?)、ママレードの本家本元イギリスでママレードの消費が落ちているそうです。古くさいイメージが悪いからではとかで大手ジャムメーカーが「オレンジジャム」と名前を変えるんだとか。
いいじゃないか、古くさい感じがママレードの伝統と良さじゃん、と思うのですが。
くまのパディントンの好物がママレードサンドでなくて「オレンジジャムサンド」ってのは、ねえ。そんなものを食べるパディントンは偽物っぽいぞ。
オレンジジャムだと甘いだけな感じがして、あの皮のほろ苦さが伝わらない気がするのです。けどきっと、あのほろ苦さが好かれない原因なんだろうなあ。好きなのになあ。
スポンサーサイト

Comment

お!!!
伊予柑、美味しそう~!!
我が家も、柑橘系、大好きだけれど、食べてたら、しおんがいつもやって来るので、オチオチゆっくり食べれないんよ~(>_<)

そして、ママレードは作った事がないなぁ~!!
つおむ~ちゃんの実家、いいねぇ~♪

しかし、ママレードが古くさいだなんてねぇ~
私もママレードのままのほうが、何となく可愛くていいと思うのになぁ☆

しおんくん、まだ食べれないだろうに(笑)
何にでも興味をもつえらい子だ!
そんなしおんくんが自分でパンに塗って食べる頃までママレードが生き残っていますように。がんばれママレード!

ママレード、子どものときはちょっと苦くて苦手でした。
そんな私はイチゴジャム派♪
今じゃ、ママレードもおいしく食べられるようになりました。
これも大人になったおかげ???(笑)

ほろ苦さが美味しくなるのはやはり大人だからなのか?
苦いチョコやらふきのとうやら、確かに苦いものを食べるようになったなあ。
しかし私もいちごジャムも好きです。大人とは、甘いも苦いも両方食べられるお得な人種のことなのね。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。