上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
享保12年、当時もちろん橋なんて無かった淀川には渡し舟が。そのほとりの茶店で出していた焼き餅が、280年たった今、十三大橋の北詰でいただけます。
十三焼

ヨモギがいい香りでパクパクいっちゃえます。冷めてからがより美味しいのが江戸時代からの技。
淀川の川辺に座って食べれば、ちょっと時代劇な気分。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。