上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっすぐ那覇に帰るには少し早い最終日。
途中にあった「中城(なかぐすく)」に立ち寄りました。きれいな石垣が残っているお城跡です。
_DSC5766.jpg
ここ以外にも今帰仁城や玉城といった城跡に行きましたが、どこもきれいな海が見えます。きもちいい。

_DSC5806.jpg
沖縄で一ヶ月ブログが埋まりましたね・・・
どれだけ写真を撮ったのか推して測ってください。そりゃあもうすごい枚数で。

さあ、そろそろ秋のお出かけレポートに戻りますよー。

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくとmukuとつまがおお喜びします。沖縄にはまる理由がよーく分かりました。

スポンサーサイト
比嘉島からさらに伊計島へ。伊計島にも素敵なビーチがあります。
伊計ビーチ。
ここは入場が有料で、かわりにコインロッカーとかシャワーとかがしっかりしてました。
_DSC5606.jpg
ひとしきり水遊びをして、沖縄の海を満喫。
ここでもギズモン大活躍。
疲れ果ててへろへろになるまで遊び倒して、次回ようやく沖縄最終回。

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。沖縄ぐらい泳げる期間が長いと海水浴場もちゃんと商売になるんですねえ。
旅の四日目は、また北上して海中道路へ。
名の通り、ほんとに海の真ん中に橋がかかってました。右見ても左見ても青い海、ぜいたく。
と、あっという間にわたり終わってしまったので、橋でつながってた比嘉島に寄りました。
_DSC5528.jpg
未舗装の砂利道、漆喰塗りの屋根、石の塀、ブーゲンビリア、と昔ながらの民家が多く残っている島です。しかし、ほんっとうに民家で、お土産屋さんとかカフェとか一軒もないのです。
普通に生活していらっしゃるところなので、マナーを守らないとご迷惑になるなあって思った島でした。
_DSC5500.jpg
塀には枯れたへちま。そういえば、へちまの煮物を沖縄で頂きました。意外と美味しかったのです。へちまって味噌で煮て食べれるのですね・・・

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。比嘉島で唯一観光客向けにあった店の看板には「シマウマ乗れます」と。
・・・どうやら「島馬」らしいです。思わず白黒の馬体を探してしまった。
三日目は、那覇から南下。斎場御嶽(せーふぁーうたき・沖縄の聖地)を目指して走りました。
ガイドブックでは見学自由だった御嶽は、しっかり有料になっていて9時オープンとのこと。
早くつきすぎた我々はさらにドライブして、白い風車の写真を撮ってました。
_DSC5048.jpg
御嶽見学を終えて戻る道は海沿い。
あまりの青さに思わず車を停めて漁港へ。
_DSC5167.jpg
連休中で人もおらず、堤防を歩いて海へ。
気持ちの良い朝の風でした。

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくとmukuとつまが大喜びします。mukuがクリスマスソングを買ってきました。ちょっと早いんではないでしょうか??
うわさのちゅら海水族館には立ち寄らなかったのですが、その近くにあるフクギ並木を見に行きました。
福木とも書くそうですが、フィリピン原産の背の高い木で、防風林として家の周りに植えていたのがこの地域にまだ残っているのです。
目もくらむようないい天気でしたが、並木道に入ると見事な木のトンネルですうっと涼しくなります。
木漏れ日、がとても綺麗。
_DSC4957.jpg
こんな風にトンネルの向こうに光の差す光景をたどって、一時間ほどもふらふらしてしまいました。結構広いのでレンタサイクルもあって薦められましたが、写真を撮るなら歩いても十分回れます。
_DSC4999.jpg
せっかくこういう光景なので、ユージン・スミスの「楽園へのあゆみ」みたいに。って、つまひとりですが(笑)。


本物の「楽園への歩み」はこんなかんじ。
IMG_9166.jpg

かわいらしい写真でしょう?ファンの多いこの写真。
こんなに小さくしか載っていませんが、この写真が載っている写真集はこちら。

「楽園へのあゆみ」が大きく載っている写真集、ないかなあ・・・

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。皆さんもフクギ並木を訪れたのなら、ぜひ「楽園へのあゆみ」ごっこを!(笑)
せっかく沖縄なので、南国な

お花!
_DSC4754.jpg

果物!
_DSC4794.jpg
すごい色ですね、この果物。ドラゴンフルーツというそうです。外見もピンクでびっくりですが、中のこの色にはさらにびっくり。これはさぞかし、南国の香りも強い華やかで力強い味なことでしょう!

と、一口。

「・・・・?」
「・・・味・・・ない?」
「ていうか・・・・まずい!」(←これを言ったのはmukuですよ)

なんですかね、香りらしき香りは青臭さのみ。甘さもうっすーらと、なかんじ。
mukuはひとつかじった後まったく食べようとせず、私は「野菜・・・?」と思いながら残りを全部食べたのでした。
南国のフルーツにはやはり甘い香りと味がしていて欲しい!南国なんだから!

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、あの味を忘れられます。クリスタ長堀の写真展、昨日無事に終了いたしました。見に来てくださった皆様、ほんっとうにありがとうございました!!
このきれいな青い海で、存分に泳いだら・・・
_DSC4718.jpg
沖縄名物ブルーシールアイスを。マンゴー味。

_DSC4783.jpg
ブルーシールアイスってデザインかわいいですね。このマークつきのチョコドリンクとキャンディーも買っちゃいました。泳ぎ疲れた体にあまくて美味しい!ビーチで売ってるところがえらい!

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくとmukuとつまが大喜びします。ブルーシールアイス好きはぜひ、ぽちっと。
目当ての古宇利島は、どこよりも綺麗な青い海が広がっていました。
これは古宇利ビーチでの写真。
_DSC4711.jpg
市橋織江さん風に撮ってー!といったらこういう写真ができました。
とにかく青さが沖縄の中でも際立ってて、テンションがあがるあがる。

我慢できずに泳いじゃいました。
海から上がるmukuの図。これを撮っている私も、実は海水浴中。
ICAM0042.jpg
で、なぜびしょぬれの私にこんな写真が撮れているかといいますと、これのおかげ。

ギズモンという名の、デジカメです。透明なプラスチックケースに入っているのがわかりますか?
このプラスチックに入れておけば、水深3Mくらいまで防水してくれるのです。無論ケースに入れたままでちゃんとファインダーも覗けるし、明るさを変えたりもできます。画質も、トイカメラにしては十分。
これのおかげで、海ではしゃぎながら泳いでる姿がアルバムに残ることになりました。海の中の写真とか、今までなかったので新鮮です。
このカメラ、無声ですが動画も撮れます。一回1分程度。後で見たら、無声映画みたいな面白い映像が取れていて、このモードでも十分遊べます。こちらは、まあ、恥ずかしくて公開できませんが・・・(やたらとつまがハイテンションなのが笑えて)。機会があれば、ぜひお試しください!

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。あ、ちなみに上の写真はギズモンではなくニコンD3での写真ですので、あしからず。





沖縄二日目。朝からぐんっと北上して、古宇利島を目指しました。
その途中に広がる、さとうきび畑。
_DSC4658.jpg
思わず車を止めて、写真を撮ってしまいました。こうやってみると、ただの草のようですが、人の背丈よりも高いのです。これはかなり上を向いて撮ってる写真。
_DSC4689.jpg
そして、この海の向こうに見えるのが、目的の古宇利島。
つまはここで初めて沖縄の青い海を目の当たりにして大興奮。早速このビーチで靴を濡らしてしまったのでした。

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリック頂くと、mukuとつまが大喜びします。クリスタ、まだやってます!

那覇一日目の夜。訪れたのは沖縄県立美術館。
これはその敷地内に立てられた、沖縄の民家の復元。(博物館も併設なのです)
_DSC4578-2.jpg
なぜ、ここに来たのかといいますと、ここには「東松照明」(とうまつしょうめい、と読むのですよ)という写真家の作品を収蔵しているのです。つまはまったく知らなかったのですが、写真史に残るようなカメラマンで、沖縄でも島の写真などを撮っている方なのです。今略歴を調べたら、紫綬褒章も受章してたり。この方の写真が好き、というmukuのために来たのですが・・・
_DSC4627.jpg
なんと、展示されていませんでした!収蔵はされてるけれど、常設ではないのだそうです。ちなみに先月(8月)まで企画展でやってたのだとか。惜しい!あ、この写真は美術館の外壁です。

悔しいので、帰ってからこれ買いました。

東松照明さんの写真集。この表紙になっているのは40年近く前に撮られた写真ですが、まったく古さを感じさせません。
しかし、真骨頂は、ポートレイトだと思うのです。お見せできず残念ですが、町の人たちの表情がとっても良いのです。あと、動物写真もユーモアがあふれてます。
大阪で、写真展してもらえないかなあ・・・

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。↓のクリスタ写真展、まだやってます!
これだけみると、一体なんなのか・・・と思いますが、これは沖縄の世界遺産玉陵での写真。
玉陵は「たまうどぅん」と読むそうで。さすが沖縄、国内の海外。しかし「うどぅん」という響きはなんだかかわいらしい。ですが、その実態は王様のお墓なのです。
無論、この妙な生き物がお墓なわけではなく、これは巨大なお墓の上に立っていた獅子。魔よけと思われます。お墓の巨大さはこちらでどうぞ。
IMG_8556.jpg
そしてこちらは首里城近くで見つけた変な鳥。
_DSC4546.jpg
「変な鳥・赤い顔」で検索した結果、南米原産の家禽が野生化したバリケンという鳥であることが即座に判明。そうなのね、やっぱりみんな変な鳥だと思うのね!


今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びいたします。↓の写真展、まだ開催中!
シルバーウィークみたいな5連休なんてそうそうないから。

と、言い訳して、念願の沖縄旅行に行ってきてしまいました。
なぜ念願かというとですね、つまの周りでは沖縄に行った事ある人が多いのです。実家も私以外はほとんど行っているし、mukuも年に一回くらい仕事で行っているし、上司は毎年沖縄に通う沖縄フリーク・・・そんな皆さんから、やれ食事がうまいだの海が恐ろしく綺麗だの、一度ダイビングしたら病み付きだのと色んなうわさを聞かされまして、恋心が募りに募っていたわけです。
さすがは天下のシルバーウィーク、ツアーは恐ろしい値段でしたが(我々にとっては)運良く飛行機も取れて、見事恋心を成就すべく沖縄に飛んだのでした。
_DSC4754.jpg
とはいえ、すごい混雑でした、那覇空港。空港で荷物を受け取るのに待ち、レンタカーの送迎バスに乗るのに並び、送迎バスは渋滞し・・・レンタカーを借りれたときには到着から1時間半以上が経過。しかし、この青空と南国の花に気分はすっかり夏休み。
_DSC4487.jpg
一日目は世界遺産めぐりでスタート。これは首里城での一枚。真っ赤なお城の中を見たり、再現された御殿で沖縄の伝統菓子を頂いたり。
mukuは首里城内のスタンプラリーになぜか夢中で押しまくってましたが、出てきたときには三つ足りず。一体どこを見落としてしまったのか気になります。

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。↓の写真展、9月は終わりましたがまだ開催しております。機会があればぜひ。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。