上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑い大阪の、とりわけ熱いコンクリートの上でも大丈夫。
しっかり葉も出てて、まだまだ伸びる気満々です。その元気を分けてほしい。
根性
しゃれでプランターに食べ終わったメロンの種を埋めたら
しゃれにならないくらい大量に芽が出ました。スプラウト状態です。
とりあえず間引くとして、メロンってベランダで育つんでしょうか…??

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックいただくと、mukuとつまが大喜びします。
ただいま10番台に復活中。ややがけっぷちですが。
スポンサーサイト
先月彦根に行った時に、
骨董屋?ガラクタ屋?と思うようなお店を見つけました。
農具のザルとか古いコーラの瓶とか昔の秤とか。とにかく年代も国もバラバラな、一応古いものばかりというお店。
そこでこの針箱を手に入れました。木で出来ていて、年季が入って飴色になっています。
北部屋
前々から、和風の小さな引き出し付きの小箱が欲しかったのですが、これがちょっと素敵なアンティーク屋で見ると高い!いいなあーと思うと5万円ぐらいしたりして。
ちょっと諦めていたのです。が。

これはなんと2500円…
安すぎます。確かにアンティークほど古くないし手入れもされていた風でないし、引き出しの中に落書きがあったり表に剥がしかけのシールが付いていたりしましたが、我が家にとっては問題なし。シールをきれいに剥がして(なんか和風スーパーマンみたいなのだった)、落書きを底敷で隠して我が家の一員になりました。

ただし折角のお針箱ですが、裁縫苦手なつまは針の一本も入れず。
中身はお薬です。

今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックして頂くと、mukuとつまが大喜びします♪
あと一歩!
鞆の浦、最後の一枚。
鞆の浦2
この荷台にはきっと小魚とかエビとかが積まれて、石畳の町の中をカタコト走るのでしょう。
道端にはパラソルを開いて木の箱を並べた異動魚屋さんがちらほら。その傍らには、大きな荷台の自転車やリヤカー。
この光景が少しでも長く残りますように。

鞆の浦に行ってみたくなったらこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリック願います。mukuとつまが大喜びいたします!

朝の鞆の浦はどんよりとした雲がたれ込め、不穏な空。
街灯
肌寒げな海風が吹いて…
鞆の浦漁港
しかしこの後カラッと晴れて、↓の空に。
一転暑くて暑くて、たまりませんでした。極端すぎます、今年の天気は!


19位に復活♪
皆様ありがとうございます!!
今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックして頂くと、mukuとつまが大喜びします。踏みとどまれるか、10番台。
盆休み、帰省した広島の鞆の浦に行ってきました。
最近時々雑誌にも出てますが、瀬戸内海に面した昔ながらの港町。
今この町はポニョ一色です。
干しえび
というのも、ポニョの町のイメージはこの鞆の浦をモデルにしているから。
宮崎駿監督は、鞆の浦に泊まり込んでスケッチされていたそうです。
宮崎監督も惚れ込んだ鞆の浦は、細い路地に板塀、民家がぶつかりそうに軒を並べているといった懐かしさあふれる町。海辺では割烹着姿のおばさんたちが、魚を売ったりエビを干したり。
鞆の浦
行ったのは朝でしたが、路地をあるくと懐かしい佇まいの駄菓子屋や和菓子屋、ポンプに朝顔と次々と被写体が現れます。

テレビの音や、食器を洗う音なんかも聞こえて来て、嬉しくなります。
日常の美しさを感じるにはいいところですよ。

しかし、どこにいってもポニョがいるので、その日は一日中あの歌がリフレイン。
止めたくても止められない頭の中の音楽に悶えたのでした。


うーん、10番台復帰はなかなか難しいですね…
めげずにがんばれ!と思って下さった方、こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリック願います。
ぽーにょぽにょぽにょ。
お盆にまた、小さなモデルに会いました。
GWには歩き始めたばかりだったのが、階段を上るまでになっていてびっくり。
甥っ子
しかし見れば見るほど危なっかしい。
落ちたらどうしようとハラハラしながら付いて行き、ようやく登りきりました。
ほっとして、「降りようかー」と抱こうとすると拒否。
自分で降りるんだそうです。後ろ向きになってこれまた危なっかしく。
ハラハラしながらついて降り、「疲れたねー」というと、まだ登る(言葉はしゃべれないので身振りですが)と。
エンドレス…

甥っ子の体力に拍手!と思ってくれた方、こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリック願います。
もいっかい10番台、あがれますよーに!

夏休み終了まで一週間を切りました。
宿題に追われていたあの頃…ウソです、ツマは先に宿題を終わらせて後からのんびりするタイプでした。最後の一週間は日記を付けるだけだった、はず。
ちなみにmukuは正しく?ラストスパートをしていたそうですが。

何はともあれ、夏が終わってしまう前に夏らしい写真をUP!
朝顔
やっぱり朝顔はさわやか。
しかしこれを撮った時は、mukuも私もかなり空腹で、さわやかと無縁の心持ちでしたが。

線香花火
今年は久しぶりに、花火もしました。やはり線香花火ですよね。
大きな花が咲いて、糸のような光で繊細な線を書き、最後には赤い球体になって落ちる。
人生のようだなんてよく言われますが、今年は花が咲いた途端落ちる花火が続出。縁起でもないので今年はそういう比喩は禁止です。



「今日も見に来たよー」とこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
をクリックして頂くと、mukuとツマが大喜びします!
 ただいま18位…ほんとに20位以内に残ってる!キセキ!ではなく皆様のお陰です。いつも押して下さってありがとう!

本日の写真は帰省中に撮った夏の光景。
足の長い蜘蛛が夏の風にゆらゆらとしておりました。
クモ

前回の続き。
翌日もう一回Acruへチャレンジし、今度はちゃんとたどり着きました。
革製のかっこいいカメラストラップを売ってる店の下がギャラリー。唸りながらゆっくり見させて頂きました♪間に合ってホントに良かった。

で、判明した事。
私が迷子になった水曜日、Acruは定休日だった!!
どうりで見つからないわけで。
というか、地図だけじゃなく営業時間も確認してでかけましょう。



前回の記事から今朝まで、なんとか19位に踏ん張ってました!みなさん本当にありがとう。
今日も見に来たよ、とこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へを押して頂くとmukuとつまが大喜びします。叶うか10番台に返り咲き。
いつも私が「すごーい」「すてき」と唸ってしまう
写真ブログの店主?の皆様が多数参加している

Acru「Polaroid Group exhibition」 【2008/7/20~8/23】

という写真展が開催中です。行きたい行きたいと思っていながらなかなかチャンスがなくて悶えているうちに、今週末で終わってしまう。
このままではいかん!と一念発起して本日南船場へ。
場所は何回もホームページを見たから大丈夫!
と、思ったのですが…
積み木
見つけられない。
えー、この辺だよー?と周辺を30分うろつくもやはり見つけられず。
ちゃんと地図を覚えてなかったんだ、出直そう、とすごすごと引き上げました。

しかし!家でホームページを見てみると、最初思っていた場所そのまま。
えー、そこは三回ぐらい通ったけど??
見えないような入り口なんだろうか、それとも別の筋に入り口があったんだろうか。
そんな時こそ、アレを試してみよう!と思い立つ。

「google ストリートビュー」

これは見てもらえば一目瞭然ですが、地図上でクリックするとバーチャル散歩ができるのです。Acruの住所を入れてクリック。
 すると…それらしい階段を発見。看板もおしゃれだし多分ここで間違いない。私、完璧に見落としていますよ。
 ストリートビューって素晴らしい。っていうか、知ってるんなら行く前に見ておけば30分も歩いたあげくにしょんぼり帰る事もなかったんだけど。
 後二日…間に合うでしょうか…


 何気なくのぞいたら、一瞬17位にいた。20位切るなんてあり得ないと思ったのでもう一回見に行ったけどやっぱり17位だった。思わず興奮してmukuに報告しました(笑)。押して下さった皆様のお陰です、ありがとう!
 今日も見に来たよ、の印にこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックして頂くと、mukuとつまが大喜びします。もいっかい20位切ってみたい♪



ついに盆休みもおしまい。
muku家の休みは実家のある広島で過ごします。

意外と広島は涼しいね、と思っていたら
戻って来た関西も暑さがましになっていた。風がちょっとだけ涼しい。

色々

しかし
毎日空腹な暇がないほど食べ続け
オリンピックを見ながらゴロゴロし
気が向いたらカメラで家族を撮り遊び
毎日朝寝坊をしていた一週間。

体重的社会復帰が困難です。


なんと、更新していない一週間ずっと25位以内にいたようです。仰天。
押して下さった皆様、ほんとにありがとうございます!
「今日も見に来たよ」とこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックして頂くとmukuとつまが大喜びします。さあ、25位内いつまでキープできるのか・・・?
いよいよ盆休み。
いつだって長いようであっという間に終わるのが連休というもの。
その昔一ヶ月以上あった夏休みだってあっという間だったんだから、その早さは推して測るべし。
始まるまではあれもこれもと考えているけれど、終わってみたら何してたっけとなるのも昔と変わらず。
…進歩がないぞ。
一休み
まあ、そうは言っても年に一回のお盆。
ひと休みといきましょう。

ほんの一瞬、25位になりました。わお。また落ちちゃったけど。押して下さった方に感謝!
「今日も見たよー」とこちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へを押して頂くと、mukuとつまが大喜びします。
次はもうちょっと長く…よくばり???
ほんとは今日は、昨日の花火をどーんと載せるつもりだったのです。
関西最大の花火大会、「淀川花火大会」の。
そのために昨日は一年に一回の浴衣を引っ張り出し、近所でたこ焼きといなり寿司を買い、カメラに三脚も用意して、と準備万端に整えた。のですが!

開始10分前に突然バケツをひっくり返したような大雨に!
こういう場合我が家で最優先なのは、ツマでも弁当でもなくカメラ!
ビニールにくるみ、風呂敷に包み、抱え込んで線路の下へ。しかし線路は橋と違って隙間からざあざあと雨が。しかし他に雨を遮るものもなく、階段は人であふれている状況でとてもカメラを無事に持って帰るなんて無理。

結局レジャーシートを傘代わりにかぶり線路の下で雨がやむまで待つ事に。
 
それでも花火大会は行われたのです。豪雨の中。
レジャーシートの隙間から、鉄橋と川との間に端っこだけ見える花火を鑑賞。その写真がこれ。
muku、根性の一枚(笑)。
淀川花火

最後の花火があがったと同時に雨も上がりました。
なぜ、よりによってこの場所この時間に…。

くろねこ

ちょっとあんまりな花火写真なので、おまけに花火と全く関係ない黒猫の写真をつけてお届けいたしました!

「よくがんばった!」と思って下さった方、こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリック願います。
25位内はなかなか難しい…
弘法さんの縁日に行きました。しかし…

暑かった!!

最高気温が36度って、それはほぼ体温ですが。
しかも市って当たり前ですが完全野外。直射日光あたりまくり。
市を見ている間に、軽くふらふらに…
かき氷
で、市に出ていたかき氷屋さんで、「みぞれ」を注文。
冷たーい、おいしーい、と騒ぎながら食べる。
からっぽ
市らしく、涼やかでレトロなガラスに盛られていました。
ようやく少しだけ涼んで市に復帰すると、隣の隣でこの器を売っていたりして。
至福の一杯の後には欲しくなるという狙いなんだろうか。危うく手を伸ばすところだったけど、ぐっとがまん。

それでも暑さは続き…
市の後に鰻を食べてようやく回復したのでした。
後で調べたら、暑さのあまり人出が少なかったらしい。いつもはもっとすごい人出なんだとか。
そうか、お得だったのか…と思いつつ、しかし次は涼しくなってから行こうと思ったのでした。

祝50位内!いや、まさかほんとに入れるとは。押して下さった方々に感謝。
これ→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ押して下さると、mukuとつまが大変喜びます。次は25位以内を目指しまーす。



ちょっと前になりますが、先月21日は祝日でした。
京都の東寺は弘法大師ゆかりのお寺で、毎月命日の21日に境内で市が立ちます。
露天が1000店以上もでるのです。
骨董とかがらくたとか、古い着物とか、とにかく見ていて飽きません。
五重塔?

 21日が休みでないと行けないので、数年ぶりの弘法市。

 ここはフリーマーケットではなく、普段は店を持っている人たちがこの日のために出店する市。気軽に骨董品などを見れるのが楽しい。

 あれこれ見て回って、やわらかい麻の布(カーテンに、と思って買ったら寸足らず)と麻ひもを一束(これで括ったら何でもおしゃれに見えるような錯覚を起こし購入)、そして器を一つ買いました。骨董品じゃなくて、おそらく陶芸家の方が出店されてる露天で。白い和風の粉引きの鉢で、煮物を入れたら映えそうだな、と。

 実は前々から煮物を入れる器を探していたのです。出来れば白くて、でも既製品とかツルツルの磁気じゃなくて味のある陶器で、値段は2000円以下(笑)。絶対ないと思っていましたが、出会えてしまいました。

これだから、市は楽しい。
しかし…
次回に続く。

今日も見に来たよ、の印に
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へをクリックして下さると、mukuとつまがすごく喜びます。目指せ50位内。
竿になり、鍵になり、湖を渡る鳥。
先頭の一羽に、行儀よく並んでいました。
渡り
竹生島も見納め。弁財天様、またいつか。
船上から

今日も見に来たよ!の印に
こちら→にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へを押して頂けると嬉しいのです。mukuとつまの励みになります。
竹生島まで彦根から40分。
潮風じゃないので顔に当たる風も気持ちよく、意外とあっという間です。
3
ここは弁財天の島。芸術の神様でもあるので念入りにお参り。
湖岸からすぐに急激な登りになる高さのある島で、登りきるとこんな景色に。

島からの眺め

船が再びやってくるのは一時間後。そしてこの島には寺と神社しかなく…時間が余るかなーと思っていましたが、あっちこっち写真を撮っていたら意外とあっという間。
他のお客さんたちは早々に船着き場に戻ってかき氷を食べていましたが(笑)。カメラさえあればどんなとこでも時間が潰せるmukuなのでした。

どんなものなのか一度やってみたかった!
ということで、ブログランキングに参加してみました。
今日の写真、いいんじゃない?と思って頂けたら↓をクリックお願いします。
クリックして頂くと、mukuとつまが元気になります(笑)。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
琵琶湖に浮かぶ竹生島に、前々から行ってみたいと思っていたのです。
彦根から小さなフェリーが出ています。
竹生島
水色と緑がいい感じにくたびれたかわいい港。
「めがね」に出ていた空港を思い出しました。
埠頭
どう見ても海ですが、真水なんですよねー。
潮の香のしない港って変な感じ。

竹生島の写真は次回に続く。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。