上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も写真と全く違う話。

mukuはコーラ好き。
お酒もタバコも嗜まないのですが、コーラはやめられない様子。
そんなmukuに言わせると、コーラの味も色々あるのだそうです。
椿

はやりのゼロカロリーはやっぱり不味い、ペプシは甘すぎる、レモン味なんてもっての他。
赤いコカコーラの缶のみが我が家の冷蔵庫に入ることを許されるのですが、今回なんと赤いコカコーラにもダメ出しが。
「なんで?赤いしコカコーラって書いてあるよ?」「輸入物でしょ、USAコカコーラじゃなくて日本コカコーラじゃないと。」
…おみそれしました。
スポンサーサイト
先日、京都の「はれま」という店のちりめん山椒をいただきました。
関西圏以外ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ちりめんじゃこと山椒の実を甘辛く炊いたごはんのお供です。関西に来ていろんな方に頂いたり買ったりしていて美味しいものとは知っていましたが、今回頂いたのは鮮烈でした。
飛行機雲

山椒の風味がすごく強いのです。山椒を食べた瞬間爽やかな辛みと香りがぱっと広がって、あまりの刺激の強さに舌がしびれるほど。山椒の香りが好きならヤミツキになること間違いなしです。その清涼感に思わずもう一口食べてしまう…
山椒の香りの爽やかさが初夏を感じさせます。もうGWなんだなあ。

今年も、桜の季節が終わってしまいました。
今やすっかり葉桜になってしまった桜を偲んで、今年の桜写真を一挙公開。

緑地公園桜3

今年は見に行けないかと思いましたが終わってみれば満開・青空のベストコンディションでした。
緑地公園桜2

緑地公園桜4

降りしきる花びらも見応えあり。また来年を楽しみに…
えー、写真とはまた無関係ですが。

本日、ツマの会社の部長が退職されました。花束を用意したりプレゼントを隠し歩いたりバタバタしましたが、ちゃんとご挨拶をしてプレゼントも渡せて一安心。
幹事めいたことをしていると、寂しいとかお別れとか感じるより最後の一日をいかにパーフェクトに終了していただくかについ注力してしまい、どうにも涙での見送りにならないのが残念です。
08'姫路さくら

今日は世間でも歓送迎会が多かったようで、それらしい集団をあちらこちらでみかけました。
駅前でみかけた酔っぱらいの集団はかなり出来上がっていて次の店の名前も言えないほどでしたが、そんな中で一人20代の男性が甲斐甲斐しくタクシーをとめ、上司たちを乗せ、訳の分からない行き先を言う上司を制して運転手に行き先を伝え、逃げるように帰る女性社員を謝罪しつつ見送り、集団から離れがちな同僚をひっぱっていました。
ボート

中堅社員の鏡だなあ。ぜんぜん羨ましくないスキルだけど…
週末に、お気に入りの映画「かもめ食堂」のパンフレットを眺めておりました。かもめ食堂は群ようこ原作で、小林聡美と片桐はいりともたいまさこがフィンランドのカフェで織りなす温かくもきっぱりとした心地よい映画です。その中で、シナモンロールを作るのですね、そのカフェで。そのよい香りにつられて地元のお客様が初めて店に入ってくるのです。この映画はとにかく料理がおいしそうでそこがツマのお気に入りたる由縁の一つなのですが、中でもこのシナモンロールはとりわけおいしそうだったのです。もうシナモンの香りがしてきそうで。
そんなことを考えながらパンフレットをめくると、なんとそのレシピが!
シナモンロール

で、作ってみました。映画を見ている人にしか分からない話ですが、映画に出てくるのに見た目がそっくりなんです。それだけでちょっと自己満足。
割と簡単でした。ちょっと作るのにはまるかも。
最近、ひなびた動物園がお気に入り。
前回のしまうまもそうだったけど、このゾウの姫子もなんだかとてもゆるかった。
姫子

かわいらしい三角屋根のお家の前で、軽く食事前の運動。
そう、これは芸というより完璧に運動でした。食事の前のストレッチ、って感じでサービス精神のかけらもなく淡々と足をあげハナをかかげ、座っておじぎ(写真)。
餌に釣られている風でもなく、いわば食事前のお作法みたいな感じ。終わってもがっつくことなくのんびりと食事に取りかかる。
そして見守る観客も、なんとなくのほほんと眺めてしまうのでした。
…という歌詞の歌が昔あった気がするのだけれど。
みんなの歌か?ポンキッキか?
なにはともあれ、そのひらがなのゆるい困り方が似合いそうなしまうまに会いました。
こまってるかんじにこの姿勢のまま、たたずむこと数分。
動いた、と思ったら一歩進んでまたとまる。
シマウマ

いったい何にお困りなのでしょうか。
哲学的なしまうまに、見ている方も思わずスローな動きに…。
待ちわびていた春が来て、そりゃもうものすごく嬉しいけれど
名残惜しいものもあり。
焼きいも

mukuの家の近くには、冬の間露天の焼き芋屋さんが来ます。
驚きの一本100円!
なんでそんなに安いのか。おじさんの家はサツマイモ農家なのか。「2本ちょうだい」と言ったら1本おまけしてくれたけど、1本70円以下でちゃんともうけは出てるのか。袋代にもならないんじゃないだろうか、いや余計なお世話だろうけど。
ちなみに、味も焼き具合も申し分ない石焼き芋です。ここのを食べると世間の石焼き芋屋がぼったくりに見えてくる。
今日もおじさんを見かけましたが、焼き芋の看板を外して苺屋さんになっていました。春だなあ。
大阪から姫路に行った時、チケットが途中下車可能だったので舞子で降りてみました。
丁度夕暮れで明石大橋が輝いていました。
明石大橋

日帰りであろうとも、帰りにこういう締めの風景を見ると「遊び倒したぞー」という気分になってなかなか良い。
ついでにもう一つ旅の締めに欠かせないのがこれ。
鶏卵饅頭

旅先のお菓子屋で買う自分たちへのおみやげ。
これは山陽百貨店の地下で買った鶏卵まんじゅう。まるくてころころしていて何ともかわいらしい。中身は白あんで、買ったときは焼きたてでした。熱い白あんというものを初めて食べた。
三左衛門

こちらは姫路市内で買ったこれまた白あんのおまんじゅう。三左衛門というらしい。
「これが名物なんですか?」とお店の方に尋ねたところ、「いえ。こちらの大きい三左衛門の方が名物です。」と言われ、見てみれば同じ形だけれど直径20cmくらいのまんじゅうが。あまりの巨大さに思わず笑いましたが、もともと姫路城の瓦の実物大饅頭というのが売りだった様子。ホールケーキ並みの饅頭に思いを馳せつつ、ミニサイズで十分楽しめたのでした。
晴れ男を借りた訳ではないのですが、雨のはずの日曜日が快晴に。
しかも寒い日続きで桜がまだ満開とくれば…
先週のリベンジ!
サンドウィッチ

先週はお寿司だったので、本日はサンドイッチにしました。
メニューは
☆卵サンド(ツマの好物)
☆トマトと生ハムと胡瓜のサンド
☆カシューナッツ入りアボガドペーストと生ハムのサンド
サンドウィッチ2

アボガドペーストにカシューナッツを入れるのはmukuのアイデア。
これはなかなか美味しいです。
途中で買った甘口の白ワインと一緒にいざ花見へ。
サンドウィッチ3

花は満開をほんの少しすぎ、風が吹くたび桜吹雪。
快晴の下、桜舞い散る中でのお花見となりました。
桜の写真はまた後日。この花より団子が我が家らしい。
ちょっと時間が経ってしまいましたが、姫路の写真をご紹介。
天下に名だたる白鷺城の天守群です。
姫路城

 その昔、家康の孫の千姫が大阪城落城で夫・秀頼と死別した後再嫁してここに来たのです。城主本田忠刻とは政略結婚でなく恋愛結婚だったとか。徳川の姫に恋愛結婚が許されたのは、無理矢理秀頼に嫁がせた親の償いでしょうか。
 千姫がすんでいたのはこの天守ではなく西の丸だったようですが、こういう光景はよく見ていたのかも。
 ただ、千姫はここで長男と夫を相次いで失い、失意のもと江戸に帰ります。そして尼になってしまうのです。そんな悲しい話が日本人の琴線に触れるのか、姫路には千姫ゆかりの場所やものがたくさんあるようです。


| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。