上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛騨高山の名物といえば朴葉味噌。
朴の葉に味噌を乗せて炙ると美味しいご飯のお供に。
これは宿の朝ごはん。エゴマが入っていてとっても香ばしい。
朴葉味噌

で、こっちは豪華バージョン。
朴葉飛騨牛みそ焼き。
飛騨牛朴葉味噌

言うまでも無く美味でした。

スポンサーサイト
飛騨高山での驚き。
みたらし団子を買ったら甘くなかった!
醤油味みたらし団子

しょうゆ味なんですよ。香ばしいけど。
甘くない…ショック。
飛騨高山でらーめんを食べました。
高山ラーメン

鼓という高山市内のラーメン屋ですが、スープが美味しくて綺麗にぜーんぶ食べちゃいました。あっさりしてる感じ。塩気も丁度良くて美味しかったです。
まんじゅうの天ぷらでも触れましたが、mukuは岐阜の飛騨高山に旅行に行きました。古い建物好きにはたまらん旅行だったのですが、帰ってきて写真を見ると、食べ物ばかり…
ええー、こんなに食べたっけ。という飛騨高山の食べ物レポになりました。
まず一個目。
温泉玉子

「温泉反対玉子」
あれです、白身がやわらかく黄身が固いという温泉玉子です。
という基礎知識はあったのですが…こんなにも白身がトロトロとは。
結局すするしかなかったです。
熱かった。
お彼岸です。
墓参りには行かなくともおはぎは食べなくてはいけません。
というわけで、作ってみました。
おはぎ

…なんかでこぼこしている…。
そう、どうも小豆を煮足りなかったようで、超つぶつぶあんのおはぎになってしまったのです。
おはぎ2

食べると小豆の歯ごたえを楽しめます。
噂には聞いていました。長野や会津には存在すると。
岐阜で出会うとは思っていませんでしたが…
まんじゅうのてんぷら。
旅先のスーパーで普通に発泡トレーにのってラップかけられて5個350円で売っておりました。
てんぷら饅頭

この通り、紅白のまんじゅうが普通に衣つけられて揚げてあるのです。
「うわーっ」とテンションがあがり、面白半分、いや面白全部で買ってみましたが意外といけます。というか、おいしい。スーパーのパックなので冷め切っていますが、揚げたてはかなりのものと見ました。
なんでまんじゅうをてんぷらにしようと思ったのか。思いついた先人よ、あなたはエライ。
わがやのニワトリをご紹介します。
毎日立派なトキを告げてくれます・・・
うちのニワトリ

なんてことはあるはずもなく、これは鍋の吹き零れ防止のニワトリさんです。しかし、使い方を間違えているのか、これを挟んでも吹き零れるんですよ。つまり、あまり役に立っていない。しかも足が焦げちゃった。
まあかわいいので台所の片隅でコンロの火を見張ってくれています。
窓辺に置いてあるこれ、実はしゃぼん玉のモトです。
スケルトンの美しさに思わず色違いを…といいたいところですが
実際は単純にしゃぼん玉を楽しみたくて購入。
しかし思わぬ問題が…
青い光、橙色の光

世の中には「割れないしゃぼん玉」なるものが売られているのです。
普通のしゃぼん玉液より粘りの強い液で、屋根より高く上がっても割れないわけです。で、これがまさにその「割れないしゃぼん玉液」だった。
面白そうでいいじゃん、と思うでしょうが、洗濯物にあたっても木の葉っぱについても割れないわけです。どうなるかというと、しゃぼん玉がくっついたまま、というありえない状態になるわけです。これは結構怖い。葉っぱにしゃぼん玉=透明な泡がいくつかついてるところを想像してください。何も知らないで見ると、未知の昆虫の卵かと思いますよ…
鶏肉専門店のライトが落ちるのを待ち構えていた猫。
おばさんが淡々ととっておいた肉を置いて掃除をはじめると、忍び足で近寄って、でもその場で食べ始めました。
信頼

おばさんは掃除の手をとめることなく、声もかけず、見向きもしない。猫も食べ物から目を離さず、後ろ足に警戒感を残したまま。
けど、そこにはなんだか信頼ってものが透けて見えるのです。
我が家は二人暮し。
そこにメロンを丸ごと一ついただいた。
一人半分なんて多いよねー。でも熟れてるみたいだし早く食べないとー。なんて言いつつ切り分けて。
メロン

即日なくなりました。
夏休みのおやつといえば、プリンミクスとシャービックだったなー。
と、思ったらなんとまだスーパーで売っていた。びっくり。
なつかしおやつ

で、早速作ってみました。
昔のプリン型まで探して。

プリンミクス

作ってびっくり、これってお湯で溶いて固めるだけ?
つまりはプリン味のゼリーだったんだ。初めて知った。
そうと知っても味はとても懐かしくそのせいか美味しく感じるのでした。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。