上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真っ白な雪に最初に足跡をつける快感。

足跡


革靴が濡れて、即座に後悔。
スポンサーサイト
普段は雪に縁のない日々。
雪雲なんて長く見たことがなかったけれど、あまり長く見ていたい美しさはないなあ・・・

ツリー


なんて言っていたら、雲間から青空が!
その苦そうな雲の間のすっきり爽やかな青空。雪雲も捨てたものじゃないですね。
はーい、こっちですよ、こっち。
山田

招きましたよ、招きました。
招かれました

招かれました。招かれましたー。
テントの中は、明るさも温度も雰囲気も全てが外界と違います。

ステージ


布一枚で異空間を作り出す、サーカスのはじまりー。
サーカスのテントにピエロ、空中ブランコに動物ショウ。
POP CIRCUS2


実は本物のサーカスって見たことがなかったのです。
サーカスのイメージは本や映画や、祖母の思い出話で出来ていて。
POP CIRCUS

初めて見に行ったのに、なんだか懐かしかったのでした。
青い色に何かが溶け込んでるような空でした。

No Name


黒々とした木々は静かでした。
冬の海辺ではいろんな漂流者に出会います。

漂流者


自然が「これはここ」「それはあっち」と考えて流れ着かせるのか、意外とシャッターチャンスが待っています。
楽しくて優雅でかわいくて、子供も乗れる遊園地の人気者。

4分の1


の、はずですがこれが乗ると意外に怖い遊具なのですよね。特にこの四分の一ゾーンは結構怖いと思うんですけど…支えなしでぽーんと放り出されそうで。さすがに大人なので「きれいねー」なんて平静を装いますが、立って外を見る勇気はありません…。
ニコイチってなんだか好きですね。
靴とか箸とか手袋とか。
夫婦茶碗や結婚指輪なんておめでたいものも多いし。

2×2


双子も好きですね。
叔父が双子ですが、50を超えてもやっぱりそっくり。
一度こんな感じにシンメトリーで撮ってみたい…。
お菓子のようだなあ、と思うのです。ペパーミントアイスみたいな空に白く軽やかなプロペラ飛行機。

大空へ


雲のシュークリーム、食べに行くの?
この熊野の楠みたいにしっかり根を張っていれば大丈夫なんでしょうけど。

大楠


今日、自転車に乗っていたら二回こけそうになりました。
細ければ「風に吹かれればしなるたおやかな」姿かもしれませんが
「面積広いからねえ」といわれかねない今の体型に、こけてたまるかとこらえる私。
寒い寒い時に、あたたかい色の花が咲く不思議。

風の強い日


寒空に、輝かんばかりのピンク色。
鳥居の向こうは異世界かしら

澪標神社


ちょっと改まった気分になるから不思議です。
夜の公園で、彼氏あるいは気になる人とブランコに乗りながらおしゃべりをする。ちょっと深刻な話や真剣な話を、無理して明るくしゃべる。映画やドラマで見るベタベタなシチュエーションですね。

冬の夜の夢


で、ベタベタが恥ずかしいから乗らないのかというと違うんです。
身幅がですね、もうブランコの板の幅を超えちゃって…座れないのですよ(涙)
もう一回座れるならベタベタでも何でもするんだけどなあ…
最近、いつもの公園にいつもの猫たちがいないのです。
公園に住み着いているらしく、毎朝一匹か二匹、運がよければ帰りにも会えていたのにこの二ヶ月一度も会わない。

鉄塔


最近寒いからきっともう少し遅い時間に出勤してるんだよ。木枯らしが吹いてる間は会えないかなあ。

なんて思っていたら、今朝常連のクロネコさんを発見!
寒そうに歩いていました。
はー、やれやれ。
お互い春が待ち遠しいですね。
夜空の見えるところに連れて行ってあげたくなりました。
この上は国道が走っていて、ヘッドライトがびゅんびゅん飛び交っています。
けれどここはとても静か。

夜空にほえる



おそらく昼間はきれいでもなんでもない、それどころかやや薄汚れた壁なのですが。

ナイトステージ


真夜中だけ、舞台のように輝きます。
ぐるっと巡って、でも同じとこには戻らずちょっと上を行く。
いい心意気ですねー。
終わりなくずっと伸び続ける、私もこうありたいものです、うんうん。

ラセン


夫:「でもこれ枯れ果ててたけど。」

・・・・。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。