上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打ち捨てられたような場所に心惹かれることが多々あります。
ペンキのはげた壁、朽ちた階段…

イッカク


廃墟好き、ではありません。誰かが住んでいる、関わっている、けれど気にも留められない当たり前の光景が、やたらかっこよく見えたりするのです。
今日もただの空き地の一角に、引っかかってしまいました…ほんと、ただの空き地なのに…。
スポンサーサイト
ガーリックバターにパセリ、タマネギを加えた香草バターがすごくいい香りのパンです。焼いたら部屋中に香ばしい香りがたちこめて、幸せ気分になります。

香草バゲット


谷町のお店で見つけました。この配合が自分で作れそうで作れないのです・・・
西日さす窓辺に、林檎と梨と洋梨。三つ並べた香りはまさしく秋。

秋の実り


mukuの故郷はこの時期、果物の宝箱です。
我が家にミニミニ宝箱、宅急便で届きました。
「おもちゃのマーチがラッタッター」
て、曲がありましたがそれを思い出しました。
アンデルセンの童話も思い出しました。すずじゃなくて木製ですが。

木の兵隊さん


アンデルセンの「すずの兵隊さん」は、大人になって読むとちょっと悲しいラブロマンスです。


おもちゃの兵隊さんは紙で出来た踊り子に恋をます。

窓から落ちたり魚に食べられたりの艱難辛苦も
彼女を心の支えにして乗り越え再会するのです。

が、再会を喜ぶ前に今度は男の子に火の中に入れられて溶けて消えてしまいます。

けれど兵隊さんが溶ける瞬間、紙の踊り子が自らひらひらと火の中へ…

二人は消えてしまうけど、心は寄り添って残る、というお話。



うちの兵隊さんにも、すてきな踊り子がいたら連れて帰らないとね。

スウェーデンのお土産だそうです。その横はモンゴル土産。遠い国からようこそ、我が家へ。
神戸のケーズケベックというパン屋をご存知ですか?
苦楽園で美味しいパンを売っているお店です。

ケベック


mukuはソーセージが好き。奥さんはパンが好き。
喧嘩のないセレクトです。
ひとつ、といわずたくさん並べてみました。くいしんぼうなもので。

プレッツエル


誰が考えたのか、不思議な形。並べるとあったかみのある幾何学模様みたいです。

プレッツェル2

大きな「め」!!

        め



作ってくれたのは仲良し夫妻。旦那が右目で奥さんが左目。両目でしっかり世の中を見ていくことでしょう。
雲も多くて風もあって、明るいとは言えない道ですが。

      コシナ


なぜか、ほのかに行く手は明るい。道自体が光ってるみたい。
きのこに見えませんか。mukuだけでしょうか。
緑の野原に赤いきのこが…。

    あかい

よどんでる川だから淀川というそうです。
     憂鬱な川

確かに、いつ見てもどこか眠たげな川です。
決して清流ではなく、荒れ狂う濁流でもなく、日によって美しく見えたり汚れて見えたり。いつもどんよりとゆるやかに音もなく流れる、自己主張の少ない川。岸辺の風景も、そんな川に染められて淋しげに見えたり輝いて見えたりするのです。
     憂鬱なすすき


今日の淀川は、少し憂鬱そうです。

三連休、いい天気でした。

         秋の空



あれもこれも、色々やろうと思っていた三連休。掃除日和、買い物日和、お出かけ日和…いろんな日和の目白押し。
で、あれこれ手を出してみたものの…なんだかどれも中途半端に。
買うはずのものが買えず、ベランダには半分色を塗りなおしたテーブルが。とりあえず、写真だけは撮りましたよー。
本日は中秋の名月だそうです。密かに楽しみにしていたのですが、雲におおわれて我が家からは見ることが出来ず。残念…雨が止んだからひょっとして運が良いのでは、などと思いましたがやはりそこまでの運はないようで。

        おはぎ



そこで、秋分に食べ損ねたおはぎを月に見立てて撮ってみました。
きな粉のおはぎって優しい味ですよね。中からあんこというのが、外についているのよりなんだか甘さが凝縮しているようで好きなのです。
ああ、やっと秋が来た(笑)。
おはじきで遊んだことありますか?
実はmukuは正しい遊び方で遊んだ記憶がない。母親が遊び方を教えてくれた記憶はあるけれど、結局正規の遊び方で遊ばず水の中に入れて眺めたり、「ごっこ遊び」の宝物にしたり。
        おはじき


綺麗だなあ、とは子供心に思っていましたが、写真で撮ってみると綺麗なだけでなく可愛らしい感じ。まるっこくて透明、お菓子に通じるかわいさなんですよね。
鳩サブレは好きですか?
mukuの奥さんはビスケット好き、ならば嫌いなわけありません、鳩サブレ!
しかもかわいいですよね。シンプルな鳥の形にホレボレ。
         鳩サブレ



おもちゃみたいだ…。
雨の日にはカメラと傘を持って出かけましょう。
               傘2人


本日の行く先は京都市内。
               京都の窓


京都には古い建物も多くて写真を撮るには楽しい街。
               ひかり


昔、ここは銀行でした。こんな窓口だと待ち時間も楽しかったかも。
少なくともmukuはカメラを持ったまま何時間でも待てます(笑)。
          手拭


お土産にも事欠かないのです。これは今日買った手ぬぐい。
色も柄も豊富で迷いました。季節ごとに買いに行くのもいいかも。
毎日の光景がすこーし違って見えることがあります。そういう時は大抵疲れがたまっているのですが(笑)。いつもは気づかない所が見える、これは疲れたときのちょっとしたご褒美なんですかね。
今日はこんなものが見えました。お疲れも悪くないですねぇ。
       影絵

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。